複数の分析方法で顧客に徹底アプローチ

顧客分析

MakeRepeaterで実現できる 顧客分析

そもそも、顧客ってどうやって分析するの?

MakeRepeaterでは、CPM分析とRFM分析の2種類の顧客分析をすることができます。

CPM分析 RFM分析

CPM分析とは

「CPM分析」とは、顧客ポートフォリオマネジメント(Customer Portfolio Management)という意味です。

購買行動経過日数頻度を基準に顧客層を10パターンに分類し、その状態に合わせた顧客育成(ナーチャリング)施策をおこなうための分析方法です。

CPM分析でのパターンイメージ図

CPM分析画面イメージ

MakeRepeaterなら、顧客数の推移や売上推移、顧客数の履歴、顧客のランク分析、ランク別の売上分析といった、さまざまな角度からショップを分析!ご導入後すぐに顧客ロイヤリティを視覚化された状態で確認できます。

売上アップの施策に重要な売上・顧客を分析する際や、現状を正しく把握する際に必要となる過去の注文データの抽出やレポート作成など、手間がかかる作業も自動でおこないます。

ランク分析・ランク別の売上分析画面イメージ

RFM分析とは

RFM分析は、期間(Recency)、頻度(Frequency)、金額(Monetary)の3つの要素を利用し、直近で最も売上貢献度の高い顧客を抽出することに適した分析方法です。

RFM分析での顧客抽出イメージ図

RFM分析画面イメージ

直近期間における売上貢献度が高い顧客を抽出し、即時効果の高い施策につなげることができます。

RFM分析で総合評価ランクが高い顧客をターゲティングし、メールマーケティングによるコミュニケーションをとり、直接的な購買行動を促します。

RFM分析画面イメージ

RFM分析を成功させる秘訣

しきい値の設定は、RFM分析を成功させるための最重要ファクターです。
RFMしきい値設定画面から、最終購入日、累積購入回数、累積購入金額を、AランクからEランクまでの5段階で設定します。
業種、業界、商品や分析を行なう時期や、用いるデータの期間などを設定することで有用なデータ分析ができます。

しきい値の設定画面イメージ
複数の分析方法を上手に利用し、効果的な施策に活用しましょう!